上手なイラストが描きたい!

アタリを用いて顔を描く

2018/06/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

顔のアタリは、髪の毛や目、鼻、口などのパーツを配置する場所のめやすになります。今回はアタリから首上のイラストを描く手順の一例を練習していきます。

前回の顔のアタリでバランスをとらえるを踏まえ、まずは髪の毛を描く際の注意点を見ていきましょう!

髪を描くときの決まり

実際の髪の毛は頭皮から浮いた状態で描かれています。

つまり、顔のアタリからひとまわり外に髪の毛のアタリをとる必要があるという事です。

髪の毛の量や硬さにより、実際の顔の大きさよりも頭が大きく見えるのが自然です。髪のボリュームを意識することが大切です。

アタリから顔を描く手順

step.1 顔や頭部を意識した楕円を描く。

step.2 円の中に十字を描き、顔の向きを決める。

step.3 輪郭、頭皮、耳を描く。

step.4 鼻スジ、鼻頭を描く。

step.5 横の中心線を目安に目を描く。

step.6 口を描く。

step.7 髪の毛のはえぎわのアタリをとる。

step.8 髪の毛を描く。

 

完成!!

 

上記の手順や、耳・首を書き込む順番など決まりがあるわけではありません。あくまで一例、アタリを活用したイラストの描き方として捉えていただければと思います。

横の中心線は目の目安となる

横の中心線と目の関係について見ていきます。

基本は中心線上を目安にして目を描きますが・・・

中心線より下の位置に目を描くと、目から下が短くなり、幼い印象になります。こどもを描くときなどに向いています。反対に中心線より上に目を描くと、目から下が長くなり、面長な大人顔になります。

意図した表情の演出以外の左右の目のずれは違和感を抱かせる原因になるので注意しましょう!

縦の中心線は顎・鼻の目安となる

縦の中心線と鼻・顎の関係を見ていきます。

縦の中心線は鼻口の中央と顎の先端を通ります。

仮に首を傾けたとしても縦横十字線はほぼ垂直に交わるようにします。ここを意識しないとバランスが崩れた顔になっていまいます。

斜め向きの顔でも、縦の中心線は重要になります。向いている方向にふくらんだ曲線をとり、顎の先端が内側や外側になりすぎないよう注意します。

 

ただ、アタリはあくまで『めやす』です。伝える絵を目指す上では、多少のデッサンの狂いは魅力にも変わります。キャラクターの持つ感情や状況により、縛られない表現を身に着けることも必要です。

とはいえ、何にしてもまずは基本からですね!基本のバランスの捉え方を習得した暁には、きっとそのキャラクターの一番の魅力を放つ表現を描けるようになるはずです!こんなイメージの絵が描きたいというビジョンを形にできるれば、もっともっと絵を描くことが楽しくなりますよ!

 

今回のポイント

  • 顔のアタリの上に髪のボリュームがはある!
  • 顔のアタリの十字線は顔のパーツの大切な目安になる!

 

この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イラスト練習帳 , 2018 All Rights Reserved.