上手なイラストが描きたい!

手の描き方

 
この記事を書いている人 - WRITER -

5本の指を中心に、開く・握る・曲げるなどの複合的な動きで様々な表現ができる『手』の描き方をみていきます。関節を意識しすぎると混乱しやすく案外バランスが崩れてしまったりするので、全体のシルエットをとらえて描くと良いと思います!

手のパーツを分けていくと、大きく指ブロックと手のひらブロックに分けられます。指は関節を境に3つのパーツの組み合わせです。手のひらは、折れじわが出来る曲がる場所を把握しておきましょう。指ブロックは手のひらブロックよりやや長くとると、バランスが取れます。

また、全体の手の大きさのめやすは、腕の描き方にもあるように、そのキャラクターの額からあごまでの長さで描くと自然なサイズになります。

手のひらの肉厚になる箇所を意識して、影を意図する線を加えると立体感が演出しやすくなります。指の立体感は、手のひらブロックに接続する筒として指をとらえます。

動をつけた手の描き方

まず、ブロックに分かれた大まかなアタリをとります。親指付け根のふくらみや、手の甲側の関節エリアを意識しましょう。

指の立体感を出すために、手のひらブロックに接続する筒として指をとらえます。同じく、手首も手のひらに接続する筒として描きましょう。手首の骨をつけると、より『人の手』感が出ます。

甲の部分は曲線でアタリをとると自然です。関節を強調するように描くと、手に力が入っている様を演出できます。また、力が入ると、指は反りやすくなります。

手は起伏のある板のようなものです。手のひらのへこみや厚みを意識します。そこに加えて親指のつけ根などの丸みをとると、より自然な形に近づきます。

正面からの指差しなどは、厚みをもった手のひらに指の太さを示す丸を描いて位置を把握していきます。

筒状の指、起伏のある板状の手のひら、筒状の手首、の組み合わせで動きのある手の動きを表現できます。

性別・年齢による手の描き分け

青年男性は指先がそろい、筋が目立ち関節が骨ばった印象です。老人男性は、全体的に四角く、しわで年齢を表現します。

青年女性は全体的にほっそりしており、しなやかで丸みがある作画になります。老人女性はより細く長いイメージで、しわも付け加えます。

子どもは指ブロックよりも手のひらブロックのほうを長くします。

また、男性の場合は、爪を四角めに描き、女性の場合は、爪を曲線で描きます。爪を描かない選択肢もあります。

 

今回のポイント

  • 手は指ブロックと手のひらブロックの複合体!
  • 厚みや丸みをとらえることで動きのある立体的な手が描ける!

 

この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イラスト練習帳 , 2018 All Rights Reserved.