上手なイラストが描きたい!

首の描き方

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は『首』に焦点をあてていきましょう。首は、頭と頭部をつなぐ円筒型状の立体として捉えます。真横からのアングルや太い首は下が太い台形状、細い首やスリムな体型だと若干上が太くなるように描いたりします。どちらにせよ、状況やキャラクター、アングルによって不自然でではない首を描ける様になりたいですね。

首の描き方

首の描き方の例をみていきます。

①アタリを描きます。頭部を立体でとらえて、下あごとなる線を描きます。

②あごと首との境界線にあたるラインを曲線で引きます。これがつなぎ目の線となり、これによってあごの下と首がはっきりとし、首の筒状の立体感も生まれます。

③首の筋を意識し、首の線を確定して、鎖骨のラインを入れます。後ろの首の線は、後頭部の内側に入り込ませるようにすると、立体感が演出できます。胴体との継ぎ目を想像させるしわはほとんどの場合できません。代わりにそのあたりのラインに鎖骨を入れます。

完成!

球状の頭部と板状の胴体をつなぐため、接続部分を曲線でとらえることがポイントです!

 

首の太さ

首と顔の幅

顔の幅と首の太さを変えると、どのような違いがでるでしょうか。

首が細いタイプだと。若者らしさ・子供っぽさ・華奢な感じがでます。一方、首が太いタイプの方が、年配でたくましさがでます。

首と胴体の厚み

上記のキャラクターの場合、胴体の厚みと首のバランスはどのようにちがうでしょうか。

首の細いタイプのキャラクターに比べて、首の太いタイプは胴体の厚みもあり、首も太くなります。基本的に首を太くする場合は、背面の首のラインを外側に描きます。

後姿の首の描き方

背面を描く際のアタリでは、①頭部との接続部分 ②あごの位置 ③首の長さ ④首のつけ根 ⑤肩の高さ等を意識します。首のつけ根は、筋肉があるほど高くなるので首が短くなり、よりハの字型に広がります。

男女別の首

男性

男性の首の一例を描いていきます。今回は、スリムタイプのキャラクターです。正面向きでは、胴体に向けて細くなるように描きます。背面からは台形状に広がる形で描きます。

反る曲線、ふくらむ曲線、のどぼとけのや首の筋、骨ばった肢体を意識すると男性らしさが表現できます。

女性

スリムタイプのキャラクターです。基本の正面向きは、胴体に向け細くなります。反り気味の曲線で、丸みをおびたしなやかなイメージ持って描くと女性の首らしくなります。

首の目立たないタイプ

肉付きの良い首の目立たないタイプは、首まわりの脂肪に埋まって首が無いように見えます。

正面は、首まわりにできるしわで首を表現します。背面は、ハの字型の首のラインを短めに、頭と接続部にできるしわ・胴体と接続部にできる脂肪のたるみしわを描きます。

 

今回のポイント

  • 首は筒状・ハの字型!
  • 接続部分をアタリでしっかり意識する!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© イラスト練習帳 , 2018 All Rights Reserved.